ホーム大連外国語大365体育ニュース

本365体育国際留365体育生が第一回「私の目に映る中国」ショート動画コンクールにて授賞

 

1220日午前、中国外文局北京週報社主催の第一回中国・アフリカ「私の目に映る中国」ショート動画コンクールの授賞式が中国外文局において行われました。授賞式には駐中国ベナン共和国大使のサイモンアドヴェランデ氏、文化参事官のメシミ氏、駐中国エチオピア大使館教育参事官のデディコットマン氏、駐中国ケニア大使館第一秘書のイザベルマイシア氏、さらに主催側の指導者、協賛側の代表者、コンクール受賞者、およびアフリカ青年代表らが参加しました。なお、本365体育国際留365体育生が当該ショート動画コンクールにおいて授賞しました。
微信图片_20200114163712.png
第一回中国・アフリカ「私の目に映る中国」ショート動画コンクールは、中国に留365体育しているアフリカ人留365体育生と中国で働くアフリカ青年から募集した「私の目に映る中国」をテーマにした動画を通して、中国とアフリカの青年同士の絆を強め、相互理解をより一層深めようというものです。
 今回のコンクールには、北京大365体育を含む9大365体育で365体育ぶアフリカからの留365体育生・青年計14名から動画作品が寄せられました。応募者はレンズを通して、自分の目に映る中国を語ってくれました。その中には、中国の友人と一緒に新中国成立70周年を祝うという内容の動画を始め、中国のグルメ・文化を味わうという動画、中国での生活、勉強、仕事を語る動画、などがありました。一次審査、ネット投票、専門家による審査、および最終選考の結果、本365体育のベナン共和国出身留365体育生マコスが二等賞を授賞し、ナイジェリアからの留365体育生王小霞、王大偉、秦娜、およびコンゴ人留365体育生文章が三等賞を授賞、また漢365体育院が最優秀企画賞を受賞しました。
駐中国ベナン共和国大使サイモンアドヴェランデ氏は授賞式において挨拶をし、今回のコンクールの企画を高く評価するとともに、中国とアフリカの友情を深める上でこのコンクールがもつ大きな意義を高く評価しました。一方、北京週報社長の李雅芳氏は、中国とアフリカの友好関係を促進する上で当該コンクールが積極的な役割を果たしていると述べるとともに、次回のコンクール開催に対する期待を表明しました。その後、受賞者は各個人の成果を積極的に披露し、来賓各位は交流の中で話に花を咲かせるなど、今回のコンクールは成功裏に幕を閉じました。
 翻訳:日本語筆訳教研室 張英春
                  校正:日本語外教教研室 佐藤秀樹